なぜFX投資なのか?

最近話題になっているが、FXとは何なのか? 話題になるほど、得をするものか?
どんなメリットがあるのか? そんな疑問を解説しています。

スポンサードリンク

FXとは 外国為替保証金取引とは

FX(外国為替保証金取引)は、規制緩和で誕生した金融商品です。

1998年4月に改正為替法が施行され、外国為替業務が完全に自由化されました。

これにより、個人向けの商品として『FX(外国為替保証金取引)』が生まれたのです。

そして、大きく利益が期待できる商品として、今、注目されています。

他人任せでなく、個人が判断し予測することで、利益を得るチャンスが広がり、市場を勉強することで、儲ける可能性も大きくなります。

FX(外国為替保証金取引)を簡単に説明すれば

レバレッジ(てこ)を効かせて、保証金(入金した資金)以上の金額を売買する取引のことです。


レバレッジ

外貨預金とFX、どっちが得か?

ここでは、1万ドルの取引を同じレートで売買したときの、為替差益に注目したいと思います。
※金利やスワップポイントについては考慮していません。

【条件】1万ドルの取引
取引開始:1ドル=115.00円
決済:1ドル=116.50円
FX取引イメージ
FX分岐矢印
外貨預金の場合
※銀行によって異なります。
FX(外国為替保証金取引)の場合
※為替事業者によって異なります。
【銀行】
購入レート:為替レートに1円プラスした価格
売却レート:為替レートに1円マイナスした価格
【為替事業者】
購入レート:為替レートに2銭プラスした価格
売却レート:為替レートに2銭マイナスした価格
売買手数料:1,000円
【必要資金】 116万円 【必要資金】 10万円程度
【購入価格】
(115.00+1.00)×10,000=116万円
【購入価格】
(115.00+0.02)×10,000=115万200円
【売却価格】
(116.50-1.00)×10,000=115万5,000円
【売却価格】
(116.60-0.02)×10,000=116万4,800円
【損益計算】
115万5,000円−116万円=−5,000円
【損益計算】
116万4,800円−115万200円=14,600円
14,600円−1,000円×2(手数料)=+12,600円
【損益】
(損失) −5,000円
【損益】
(利益) +12,600円
ガッカリ
笑顔

ここがポイント!

上の表、ピンク色の部分に注目してください。
同じ取引レートで取引したにも関わらず、「必要な資金」と「最終の損益」が全く異なっています。

【外貨預金】116万円の資金で、5,000円の損失
【FX】 10万円程度の資金で、12,600円の利益

どちらが、得かは明らかだと思います。

『FX』 3つのメリット

少ない資金で大きな取引ができる

数万円と少額資金で、レバレッジを効かせて大きな取引ができます。

売買手数料が安い

スプレッド(買値(Askレート)と売値(Bidレート)の差のこと)が小さく、売買手数料も低く、トータル取引コストが安くなっています。

レートがリアルタイムなので売買チャンスを逃さない

ほぼリアルタイムなレートの取引が可能です。


まとめると、手軽に始められて低コストと言う事です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2