外国為替市場ってどこ? どこで取引されているの?

日本銀行市場」というと、どこかの場所か、建物や施設を思い浮かべてしまうと思います。

株式市場なら、証券取引所という、具体的な場所が存在しますが、外国為替市場には、そういった場所は存在しません。

そうです、イメージであってバーチャルな世界なのです。

では、いったいどこで取引がされているのでしょうか?

通貨は、銀行など金融機関同士が、電話やインターネットを利用して、直接売買を行っています。

つまり、為替を扱う人をつなぐ、ネットワークが「外国為替市場」というわけです。

外国為替市場には2つの種類があり、「インターバンク市場」と呼ばれる銀行間取引と、「対顧客市場」と呼ばれる個人投資家や企業取引があります。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2