為替取引の基礎知識

いまさら聞けない為替の基礎。
外国為替取引を始めるために、知っておきたい為替の基礎知識を紹介します。

スポンサードリンク

そもそも為替ってなに?

良く為替という言葉を聞くと思いますが、「為替ってなに?」とか「難しそう!」と思われている方が多いと思います。

私たちの日本では、通貨を円で統一して、物やサービスなど様々な売買を行っています。

また、他の国でも日本と同じように、統一の通貨があります。

そして、難しそうに思われた為替取引を、知らず知らずのうちに行ったことがあると思います。

たとえば、海外旅行へ行くと、それぞれの国の通貨が使われています。このため、アメリカへ行く場合は、円をドルに替える必要があるわけです。

つまり、「外国為替」とは、2つの異なる通貨を交換することを言います。

外国為替相場・外国為替レートとは

外国為替相場とは、国と国の通貨どうしの交換比率であり、その相場です。

銀行に行くと、その日の外国為替相場が出ていて、その日のレート、例えば1ドル=120円で交換してくれます。

この円とドルの交換比率を外国為替相場、または外国為替レートと呼んでいます。

なぜ外国為替取引が行われるのか? その理由とは

外国では、その国の通貨しか通用しません。

そこで、何か取引を行うためには、その国の通貨が必要になり、為替取引がされます。

その主な理由は、下記の通りです。

貿易取引

輸出入の代金決済による取引

貿易外取引

旅行などによる取引

資本取引

債権や株式購入などによる取引

投機取引

値上がりや金利差を狙った取引

外国為替市場ってどこ? どこで取引されているの?

日本銀行市場」というと、どこかの場所か、建物や施設を思い浮かべてしまうと思います。

株式市場なら、証券取引所という、具体的な場所が存在しますが、外国為替市場には、そういった場所は存在しません。

そうです、イメージであってバーチャルな世界なのです。

では、いったいどこで取引がされているのでしょうか?

通貨は、銀行など金融機関同士が、電話やインターネットを利用して、直接売買を行っています。

つまり、為替を扱う人をつなぐ、ネットワークが「外国為替市場」というわけです。

外国為替市場には2つの種類があり、「インターバンク市場」と呼ばれる銀行間取引と、「対顧客市場」と呼ばれる個人投資家や企業取引があります。

24時間眠らない、外国為替市場

外国為替市場は、24時間絶えずどこかの市場が開かれており、取引されています。

世界最大の市場と言えます。

その中でも、東京市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場は、世界3大市場と呼ばれています。

為替市場地図
市場日本時間
ウェリントン5:00〜14:00
シドニー7:00〜16:00
東京9:00〜18:00
香港・シンガポール10:00〜19:00
フランクフルト17:00〜2:00
ロンドン18:00〜3:00
ニューヨーク23:00〜8:00

円高・円安のメカニズムを理解しよう!

突然ですが、問題です。

問題1

1ドル=120円が1ドル=125円になりました。 さて、円高・円安どちらでしょうか?


■ 解説

円が高くなっているので、円高と思われるかもしれませんが、
このように考えてください。

1ドル札という、商品を買う場合です。

1ドル札を買うのに120円で買えていたのに、
ある日、突然125円必要です、といわれるのです。

そう、1ドル札が値上がりしました。ドルの価値が上がりました。
ということは、逆に言うと、円の価値が下がりました。

この場合、ドル高・円安になります。


問題2

では、ドルを買って、外貨預金やFXでポジションを持っている場合、
円高・円安どちらになったほうが、儲かりますか?


■ 解説

上記とは、逆を考えましょう。

自分は、今、1ドルを持っている。その1ドルで買える、円はいくらか?

1ドルで買える円が120円より125円の方が手元に多くの円が来ることになります。

それだけ儲かります。

結果、

○買いポジションを持っていると円安になった方が儲かります。

その逆で、

○売りポジションを持っていると円高になった方が儲かります。


解答


問題1の答え:円安

問題2の答え:円安


ご理解いただけましたでしょうか?
少し複雑に思えるかも知れませんが、基本的な考え方を身に付けてください。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2