外貨投資の種類

外貨投資にはどんな商品があるのか? 代表的な3つの商品を紹介します。
本当に儲けたいなら、ここに注意!

スポンサードリンク

外貨投資とは

『外貨』と聞いて、一番最初に思い浮かべるのが、アメリカのドルだと思います。
それだけ、ドルは世界に浸透しているのです。

ドルが使える国は何カ国もあり、価値が高く世界の中心の通貨となっています。

現在は米ドルが基軸通貨となっています。

通貨はそれぞれの国の経済力や金利の関係で価値の差が生まれてきます。

その価値の差で、お金を儲けるのが外貨投資です。

外貨投資の種類

● 外貨預金(普通預金・定期預金)
● 外貨MMF
● FX(外国為替保証金取引)

これらを、1つ1つ検証してみましょう!

外貨預金

銀行が提供しています。

外貨投資の中では、最もメジャーな代表的なものです。

ほとんどの場合は定期預金を指しており、途中解約ができません。

満期日の為替レートによっては、為替差損の可能性があります。

そのため、円での元本保証がなく、利息も外貨で支払われることに注意が必要です。

外貨MMF

証券会社が提供しています。

高い格付けの短期の金融商品(国債など)に投資する、投資信託です。

運用商品のため、利回りは確定ではなく、実績次第で変動します。

また、解約に制限がないため、円安のときに解約すれば、為替差益を得ることも出来ます。

円による元本保証はないが、比較的、安全であるといえます。

外貨預金に比べ、為替手数料が低く設定されており、少額での投資が出来る点が魅力です。

FX(外国為替保証金取引)

FX(外国為替保証金取引)は、いろいろな金融事業者が提供しています。

外貨投資の商品の中で、最も新しい、個人向け商品です。

「Forex(フォレックス)」や「FX(エフエックス)」と呼ばれます。

FXの一番の魅力は、なんと言っても、少ない保証金で何倍もの大きな取引が可能な点です。

これを「レバレッジ効果」と呼び、資金効率が最も良いのです。

売りの取引から開始することもでき、円安・円高のどちらでも利益を得ることが可能です。

ただし、レバレッジによる取引のため、為替変動によるリスクは、大きいものになります。


レバレッジ

外貨投資徹底比較表

 外貨預金外貨MMFFX(外国為替保証金取引)
取り扱い窓口銀行証券会社、銀行為替取引専業会社
証券会社など
利息年利(利回り)収益分配(実績配当)スワップポイント
為替差益ありありあり
取引可能額投資金額と同額投資金額と同額保証金の何倍か
為替手数料
1ドルにつき片道
1円くらい50銭くらい5銭〜20銭くらい
リスク為替リスク為替リスク
ファンドマネージャーの運用リスク
為替リスク
自分の運用リスク
税金(利息)源泉分離課税源泉分離課税雑所得
税金(為替差益)雑所得非課税雑所得

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2