逆指値注文(ストップ注文・ロスカット注文)

値段を指定して注文を行うこと自体、指値注文と同じです。

多くの場合、利益を確定させるために指値注文を使い、
その逆、損失を限定するために逆指値注文を使います。

この逆指値注文が、損失を限定させるために良く使われることから、
為替事業者によって、「ストップ注文」や「ロスカット注文」と、呼ばれています。


まとめると、逆指値注文は、現在のポジションに対して、いくらマイナス側にレートが動いたときに、 そのポジションを決済するか決める仕組みです。

買いポジションと売りポジションの両方で使えるます。

例えば、ドル買いポジション「1ドル=110円」を持っていたとします。

指値注文 利益を確定させる注文は、
1ドル=115円で売りを確定する注文。
これを指値注文といいます。
逆指値注文 損失を限定させる注文は、
1ドル=105円で売りを確定する注文。
これを逆指値注文といいます。


※ドル売りポジションでも、考え方は基本的に同じです。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2