IFO注文

IFD注文とOCO注文の組み合わせた注文方法です。

例えば、現在の為替レートが「1ドル=110円」だとします。

ここであなたは、108円になったら買いたい。

108円で買えたら、113円になったとき売りたい。

だけど、そのまま105円まで下がったら損失を確定させたい。

このような、3つの注文を同時に出せます

108円で約定後、次の注文を有効にするIFD注文で、
113円の指値注文と105円の逆指値注文が有効になります。

この残り2つの注文はOCO注文で、片方が約定すると、もう片方はキャンセルされます。

IFO注文

新規の注文から、決済注文までが、1度で全て設定できる自動売買の方法です。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2